Home 子育て・デザイン講演会

子育て・デザイン講演会


幼稚園、保育園、子育て・育児関係者、教員などを対象に、正解のない時代を生き抜いていく力をつけるための、面白くてためになる講演会を行なっております。

 

講演トピック例1

21世紀を生き抜く子どもの育て方

人工知能時代に、自分らしく生きていける子どもを育てましょう!
幼稚園、保育園、子育て・育児関係者、教員などを対象に、正解のない時代を生き抜いていく力をつけるためのコツを、様々な実例を用いて楽しく解説。ITを味方に付け、創造性を養い、新しい価値を創り出す方法を、自らの起業の経験をもとに共有します。

 

講演トピック例2

子どものころから育てる、これからの価値を創るデザイン思考

「ヤバい」アイデアをどんどん考え出せる人になろう!
幼稚園児、保育園児、小学生、中学生、高校生を対象にした面白おかしくてためになる講演。実際に世界で「クレイジーMac」とあだ名を付けられた奇想天外な思考法が、いかに世の中に不可欠な「価値」を生んでいくか、実体験をもとに話します。デザインの楽しさ、大切さ、面白さを伝え、どんな職業であってもデザイン思考が重要な考え方だということも教えます。

 

講演トピック例3

デジタル・ITを味方につける、起業家マインド

デジタルは「強み」「武器」でなく、「味方」にするもの
「プログラミングを身につけて、どうする?」必須化されるプログラミングは、何のために行うのか。結局誰かのアイデアを実現するためのコマとして働くためか、または人工知能がプログラミングできるようになるまでのお金稼ぎか。近年脚光を浴びてきているベンチャー企業やスタートアップでも、単なるプログラマーは不要です。起業家マインドを持ち、自ら考えて世の中を変えていくことがいかに大切かを、その方法と共に、実際スタートアップの立ち上げに何度も携わった経験を元に共有します。

 

 

講演実績

学童保育施設ダビンチボックス 「21世紀を生き抜く子どものスキル」
NEC C&Cイノベーション研究所「コミュニケーションとしてのデザイン〜自然で楽しい創造」
re:publica11(ベルリン)「2020年のスマートフォン
NEC Laboratories America, Inc.(ニュージャージー)「未来のデザインとデザイン思考」

 

講師プロフィール

獨協大学外国語学部英語学科卒。三井物産、イーオン、新生銀行などの企業を経て独立。株式会社あんふぁにを創立し、デジタル全般及びプロダクトデザイナー、クリエイティブディレクター。デザイン思考での事業構想やサービス設計。学童保育施設の企画・運営。グッドデザイン賞、キッズデザイン賞だけでなく、レッドドットデザインなど国際デザインコンペを多数受賞。知育アプリSUM! (サム!)は、App Storeで「今日のアプリ」に選ばれ、ドラマにも使われる。

社会人として始めの10年は英会話の講師と通訳。コミュニケーションが大好きで、講師として生きていくはずが、2005年にデザイナーに転身。「分からない人」を「分かった」状態にさせて満足させるという職業で培った技術や経験(口調や文字、イメージ、繰り返しの頻度といったプレゼンテーション)に、デザインの能力を組み合わせ、常にユーザーを中心に考えた、飽きさせず魅力的なデザインを創ることを得意とし、デザイン思考の大切さを説きます。

型に縛られない自由な発想も特技の一つ。 デザインのスタイルは幅広く、得意とするのは洗練され、シンプルだが役に立ち、そして面白くてつい使ってみたくなるデザインを創ること。21世紀を生き抜いていくための発想法や子どもに身につけてもらいたい技術・体質を、楽しく話し合うことも得意とします。

 

 

Macについて

Macにインタビュー

あんふぁにのコンセプト

会社概要