Home クラウドファンディング『遊んで学べるプロジェクションゲーム』HAPPYTOWN!

クラウドファンディング『遊んで学べるプロジェクションゲーム』HAPPYTOWN!


新感覚の体感型知育ゲーム

室内遊園地、博物館、科学館、地方の案内所、道の駅/高速道路サービスエリア/空港のキッズスペースなどの集客ツールとして

「HAPPYTOWN!」はプロジェクションマッピングを使用した新感覚の体感型知育ゲーム。ミッションはよりよい街をつくること!キッズスペースやファミリーがターゲットのイベント会場の集客ツールに活用し、多くの方に体験してもらいたい!このゲームが子供達の創造力と社会の接点を創るきっかけになれば嬉しいです。

 

HAPPYTOWN! はクラウドファンディングサイトCAMPFIREにて、開発支援を募集中です!
支援いただいた方には楽しいリターンをプレゼントします! ぜひ応援よろしくお願いします!


 

みんなでよりよいまちをつくるゲーム

「HappyTown!」のミッションはよりよい街を作ること。プロジェクションマッピングの大きな画面の中に、みんなで理想の街を作ってください。

〜舞台はあなたの暮らす街〜

ゲームをするその街の白地図がベースです。道路や線路、家、学校…どこに何がどれくらい必要かを考え、みんなで協力して街を作っていきます。

 

〜遊び方はカンタン!〜

・画面をなぞる→道路や線路が出現
・マグネットを置く→家や学校など建物が建つ

 

大きなビルを建ててみよう! とか学校までの近道を作っちゃお! なんて創造力をフルに発揮してみてください。


〜住人をハッピーに!〜

そうそう、街には住人が暮らしています。
笑ったり、泣いたり、感情豊かな住人達。
住みやすいステキな街が作られると、住人達は笑顔になります。
でも、帰る家がなかったり、道路が行き止まりだったり、遊ぶ場所がなかったり…と
住人達が困ってしまうとすぐに泣いてしまいます。
どうしたら住みやすい街になるのかな?
みんなで考えて、協力して住人達が笑顔になるようなステキな街に!

 

 

つくった街はウェブで見れる!

みんなで作った街のイメージは、定期的にウェブサイトに送信! チェックしてみてね。
子どもが考えた街のイメージは、実際の都市開発に活かされるかな?

 


 

集客ツールとしてご活用ください

プロジェクターを設置して、壁に映像を映し出せば、すぐそこは子供達の遊び場に!
キッズスペースのある場所や商業施設など、子供達やファミリーが集う場の集客ツールとしてご活用いただき、できるだけ多くの方にこのゲームを体験してもらいたいと思っています。

想定設置場所

室内遊園地、博物館、科学館、地方の案内所、道の駅/高速道路サービスエリア/空港のキッズスペースなど。
また、イベント運営代理店、キッズスペース制作会社などコンテンツ企画・制作側のご支援もお待ちしております!

設置方法について

EPSONの電子黒板プロジェクターを2台横に並べて連動で使用します。1台で最大90インチのため、最大横4m×縦1.5mのサイズまで映し出すことができます。プロジェクターは壁にビス打ちなどで固定、または吊り下げ用機器を設置します。セッティングは弊社スタッフが行います。

クラウドファンディングへのご支援がそのまま集客コンテンツのレンタル代に!

ご支援いただいた額はそのままレンタル代になりますので、斬新で楽しいコンテンツを集客ツールとして、ぜひご利用ください。なお、レンタル時期はクラウドファンディング支援額を達成した後、2018年後半以降になります。

 

HAPPYTOWN! はクラウドファンディングサイトCAMPFIREにて、開発支援を募集中です!
支援いただいた方には楽しいリターンをプレゼントします! ぜひ応援よろしくお願いします!