あそびながら、算数脳と創造力のセンスを鍛える

あそび創造ダビンチパーク

プロジェクションを使った知育コンテンツ

導入が簡単!
子どもがシンプルに楽しめる

夢中になるなら、アタマを鍛えるあそびにしよう!

国際デザイン賞受賞アプリのデザインを使用した
シンプルで夢中になれる遊び


数字ターゲット
SUM! SMASH

奇数・偶数を学ぶ、ボール当てゲーム。マトに映し出される奇数・偶数の数字キャラクターにボールをタイミングよく当てます。奇数に当てる時間と、偶数に当てる時間があり、交互に繰り返されていきます。


図形のパズル
SUM! BLOCKS

ブロックを積み上げて、制限時間内に出題されるものと同じカタチを作る遊び。出題される問題は小学生が考えたものです。


動物と超短距離走
ANIMAL DASH

速度の異なる10種類の動物と10mの超短距離競走。表示される時速を、身をもって体験できる。人気の動物が1匹ずつ現れ、徐々に速くなっていきます。

巨大SUM! とらんぷを床一面に広げて遊ぶ、サムとら大会もできます

その他コンテンツは、お問い合わせください

あんふぁには子ども向けに価値創造プログラムとして、人々のお困りごとを解決する商品開発や、子どもが楽しめるおもちゃ・イベントを創造するワークショップを、学童保育施設みらい学校ダビンチボックス(埼玉県さいたま市、運営/合同会社ZIG-ZAG)やT-KIDSシェアスクール 柏の葉(千葉県柏市、運営/T-KIDS株式会社)などで展開してきました。今後はそういったワークショップで子どもたちが制作したキャラクターや算数パズルを「あそび創造ダビンチパーク」に登場させていきます。

また、将来的には人の動きや姿勢をリアルタイムで検出するテクノロジーを、株式会社アクシス(東京都中野区)の協力のもとに導入。体を動かすことでキャラクターを操作するゲームなど、体の一つ一つの動きも考えながら遊ぶコンテンツを取り入れていく予定です。

商業施設の集客に

近年商業施設では、既存客・見込み客の減少、顧客の滞在時間の短さ、新規顧客層の取り込みが困難なことなどが課題とされています。また、イベント予算の減少や改装費捻出の問題、競合店との差別化の難しさや空きスペースの有効活用についても問題となっています。
「あそび創造ダビンチパーク」は、このような商業施設の課題に対応すべく、空きスペースに合わせたコンテンツを展開することが可能です。また運営・導入方法も簡単で低コスト。導入する業種も問いません。さらに現在、教育現場では従来の暗記・詰め込みの受動的な学習スタイルから、能動的な学習スタイルのアクティブラーニングへ移行する動きがあり、保護者もこの学習方法に対して関心が高くなっています。
「あそび創造ダビンチパーク」のコンテンツは、空間認識、図形能力、数論理能力、論理的思考力、推論力、自己表現力、創造力などの「思考力と創造性を高めるための能力」を高めるものとなっているだけでなく、子ども達が楽しめるコンテンツを子どもたち自身で創り出すという価値創造力を育むものであり、まさにこれからの時代に適合したものであると言えるでしょう。

弊社は、子ども向け起業家育成ワークショップやスタートアップ体験ワークショップの開催、また子どもの価値創造力を鍛えるSUM! とらんぷなどの商品開発・販売を通して、できるだけ多くの子どもたちに価値を創造する方法と楽しさ、機会を与えていくことをミッションにしています。