今からでも間に合う、8月のベランダ菜園♪

 

すぐ植えて最短1ヶ月で収穫! 8月中旬から家庭菜園できる野菜をご紹介♪

暑さ厳しい今日このごろ、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

新型コロナウイルスのせいで元々外出があまりできない上に、この暑さでは、家にこもる時間が長くなってしまいますよね。
そうすると日々の暮らしがマンネリしてきてしまって、さらにストレスを溜め込んでしまいそうです。

何か、せめて癒しになる趣味を・・・・・・

と考えていると、ふと洗濯物を干している最中にベランダにぽつんとあるローズマリーの植木鉢に目が留まりました。

そうだ、植木鉢を増やして、ベランダで家庭菜園をしてみよう!

ということで、前準備として8月中ごろから栽培可能な食べられる植物をささっと調べてみました!

一番オススメは小松菜

種まき時期:関東では3月~10月
収穫時期:関東では4月後半~12月
成長に必要な期間:30~60日

なんといってもその収穫までの早さが魅力!
夏ですと成長が早いので、最短1ヶ月で食べられちゃいます。
また、暑さ寒さに強く、とても育てやすいのだそうです。
いっきに種をまきすぎると、収穫しきれなくなるほどだそう!

秋冬に備えて準備! おなべの友、春菊

種まき時期:関東では4月~9月
収穫時期:関東では6月~12月
成長に必要な期間:40~50日

小松菜ほどではないけれど、春菊も成長が早いです。
キク科のため虫がつきにくい点も、育てやすさに一役買っています。
また、葉だけの春菊を見慣れてしまっているので忘れがちなのですが、キク科なので綺麗な黄色い花が咲きます!
花を咲かせるほど成長させてしまうと、硬くなって美味しくなくなってしまうのですが、
小さなマリーゴールドのような、本当にかわいらしい花です。一株残して楽しんでみるのもいいかも。

準備は全て通販で可能!

小松菜と春菊は、プランターでもすくすく育ってくれる、とても扱いやすいお野菜です。
プランターと土のセットも、外出せずとも通販で入手可能なので、余計な外出を増やすこともありません。
らくらくお取りよせで、おうちのベランダやお庭で楽しく栽培できます。

子どもと一緒に種から育てれば、苦手なお野菜でも食べてくれるかも!

息子はまだ小さすぎて水遣りなどはできませんが、毎日お野菜が成長する様子を見て楽しんでくれればと思っています♪

著者:ちばにし

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA


夏休みに、夢中であそんで計算を得意に!

「算数好きになってほしいな〜」とお子さんに願っているパパ・ママに!
シンプルな数字のカードであそべる、算数トランプです

SUM! とらんぷについて