まちづくりで創造性を伸ばす! 子どもスタートアップラボをはじめました!

まちといっしょにミライをつくる 子どもスタートアップラボ「ダビンチクラブ」

ようやく夢がまた一つ叶いました!

私はずっと、子どもを起点として世界を変えていく仕組みを作りたかったのですが、これでその夢が叶います。

まちと子どもの、お困りごと解決ワークショップ「ダビンチクラブ」ー子どもたちの「生きがい」を見つけてもらうためのガイド役になるプログラムを始めました。今まで数多くの価値創造プログラムを行ってきましたが、これこそその全ての集大成。

まちと子どもの、お困りごと解決ワークショップ

ダビンチクラブは、子ども達が街のみんなと「ものづくり」をすることで価値を創る力を楽しく育てるプログラムです。 学童保育施設や放課後デイサービス、学習塾、小・中・高校などを対象に定期的に開催。弊社から講師とスタッフを派遣し、運営母体教室のスタッフや協力企業、サポーターとなる地域の大人達と一緒にワークショップを行います。

廃材で商品の試作作り

廃材で商品の試作作り

特徴

    1. 「まちづくり」を子どもたちと行うことで、実践型のプチスタートアップ体験をする
    2. 実際の地域のお困りごとを解決する企画、開発、運用も
    3. 「地域のスキル」を企業や地域の大人たちから借りながら、いっしょにものづくりをする
    4. 地域のイベントに商品を出展したりイベントを行う

こうすることで、子どもたちの「好き」と「得意」を「ビジネス」「地域の必要性」と出会わせ、「生きがい」を見つけてもらう、そのガイド役になります。

ダビンチクラブはどんな学びの場でも導入できるプログラム。小中学校や学習塾、学童保育施設はもちろん、書道教室、英会話スクール、ダンススクール、などなど。今学んでいることを、楽しみながら地域の価値につなげる機会が持てるのです。

「まち育」〜まちと学び、まちを育てることで、半径50mの世界から自分達で変えていく〜

ダビンチクラブでは、地域の人たちとの実践的なものづくり教育で創造力を育てる仕組みを「まち育」と呼んでいます。
まちと学び、まちを育てることで、半径50mの世界から自分たちで変えていく姿勢を子ども達に身に付けてもらいたいと願っています。
地域の企業などから提供していただいた素材や場所、スキルをもとに、子ども達は課題に取り組んでいきます。
子ども達や関係者の〝知〟と、その土地・素材・時代などが掛け合わされ、その場所、その時、その人達にしかできないものが出来上がる。それを地域の人たちで使っていく。こうした地産〝知〟消を目指しています。

ダビンチクラブを開始する4つの背景

あんふぁにでは、学童保育施設「ダビンチボックス 」や小学生を対象とした起業家育成ワークショップ「あんとれサンデー」で様々な価値創造型ワークショップを行ってきました。
例えば「あんとれサンデー」では、子ども達一人ひとりが起業を目標にビジネスモデルを考え、ある男の子は野良猫の殺処分を防ごうと、保護してきた猫で「猫カフェ」をつくることを企画。近隣企業の関係者に向けてプレゼンテーションもしました。
あんふぁには、いつも子どもの持っている力を信じ、その力を世の中の価値に結びつけたいと思っており、このような機会をたくさん提供したいと考えています。
そして、以下の3つの理由から、今回ダビンチクラブを開始することにいたしました。

 

①今後は楽しいことを仕事にする時代がやってくる

YoutuberになってCM作り
好きなことや楽しいことが仕事になり、それが成功した時の気持ちは素晴らしいものです。そして今後は、そのようなことを仕事にすることが可能な時代になると信じています。だから、子ども達にも今のうちから最高の気持ちで働く体験ができる場を提供し、未来につなげたいと考えています。

 

②自分の居場所を作り、自分らしく生きていくための「生きがい」を見つける

語彙力を上げるカードゲームの試作品
社会の中で人に必要とされたり、信頼や希望の対象になると「自分の居場所」ができ、それだけでお金が入ってくることもあります。好きなことや特技を何らかの形で人の役に立つ「価値」に変え、それをビジネスにできれば、会社に頼らなくても自分らしく楽しく生きていけます。ダビンチクラブは価値創造ワークショップを実践型で行うことで、子どもの「好き」と「得意」を「地域が必要としていること」「稼げること」に繋げることができる、非常にユニークなプログラムです。生きがいを持ち、自分の居場所があることで引きこもりやいじめ、差別などの問題も解決に向かうのではないかと考えています。

 

③子どもを起点にして、世界を変えていく仕組み

Googleを超える!? 検索システムを作る
「子どもの計り知れない創造力を社会に活かすことができる仕組み」と「子どもが頑張っているのだから大人も負けていられないという環境」をつくることで、子どもを起点として、世の中を少しずつ良い方向へ変えていくことが可能であると考えています。

 

④「好き」や「得意」を「生きがい」に繋げるガイド役が必要

生きがいチャート
参考:Ikigai: Your Purpose and Reason for Being | Rethinking Learning
https://barbarabray.net/2017/11/14/ikigai-your-purpose-and-reason-for-being/

ダビンチクラブでは、「好きなこと」と「得意なこと」が繋がった「情熱」を持てることを発見するだけではなく、価値創造ワークショップを実践型で行うことで、それを「世界が必要としていること」「稼げること」にを繋げることができる、非常にユニークなプログラムです。「好きで、得意で、お金になり、そして需要がある」という生きがいを探る機会を子どものうちからたくさん与えていきます。 大人になって、自分のやりたいことを内にしまいこんで言われたことを繰り返すだけの人間にならず、自分らしく、楽しく生きていけるように。

 

導入スクールも増えています!

共感いただける方がどんどん出てきて、導入していただけるスクールも決まっています。これからの時代、子どもが成長したときに自分らしく、楽しく生きていて欲しいということを本気で願っている素晴らしい人たちばかり。自分一人ではあまりに無力なので、同じ方向を見ている人たちといっしょに進んでいきます。

 

ダビンチクラブについて

詳細は、ダビンチクラブウェブサイトへ!

ダビンチクラブポータルサイト

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA


あそびながら計算ができるように!

「算数好きになってほしいな〜」とお子さんに願っているパパ・ママに!
シンプルな数字のカードであそべる、算数トランプです

SUM! とらんぷについて