冷たくて美味しいアイスを自宅で作ろう!

こんにちは、保育園元栄養士のAyumiです。

今年の夏は梅雨から一気に猛暑で、ちょうどいい暑さがないですね。東京の保育園・幼稚園では熱中症の危険性から屋外プールが中止になってしまい、ほとんどプールに入れていないケースもあるようです。暑すぎて避暑こもりするご家庭も増えているとかいないとか。たしかに、電車でお出かけ中に子どもが暑くてぐずってしまって、親御さんが大変そうだなという光景をよく見かけます。

夏休みは子どもが日常に退屈せずに過ごせればいいと思うので、ご自宅にいても夏を満喫した気分になれるイベントとして、親子で夏レシピクッキングもオススメです。

今回は、材料を買ってきて自宅の冷凍庫で凍らせるだけの、冷たくて美味しいアイスバーの作り方をご紹介します!

冷たくて美味しいアイスを自宅で作ろう!

 

アイスを作るときは、アイスバーメーカーがあると便利。ダイソーなどの100均商品やAmazonなどに数百円のものがあります。

作り方は超カンタン!

 

アイスバーメーカーの中に、キウイやオレンジ、いちごなどを入れて、果汁ジュースや三ツ矢サイダー、カルピスなどを注いでそのまま冷やし固めるだけ。または、ジュースの代わりに牛乳と生クリームを2:1の割合で混ぜればミルク味のアイスになります。

1〜2時間ごと(←冷凍状況によって異なります)に分けてフルーツを加えていくと、まんべんなく散りばめられます。

子どもはきっと待ちきれないので、テレビやゲームの休憩時間に誘ってみて。

 

 

いろんなフルーツを入れれば赤やオレンジ、グリーンなどカラフルな出来栄え!マンゴー、スイカ、パイナップル、メロン、ブルーベリーなどもキレイですよ!

野菜も食べられるお子さんなら、アボガドや茹でた人参などの苦味のない野菜と果物を1:9くらいの割合でミキサーにかけてジュース状にしてアイスにしてみたり。甘みが足りなければ溶けやすいグラニュー糖(または砂糖でも)を加えて溶けるまで混ぜてみてください。

 

アイスバーメーカーが便利なのは、何層にも重ねたアイスが作れることです。スイカバーのような身と皮の部分に分けた作り方もできます。

↑スイカバー

↑こんな風にオシャレで美味しそうなアイスバーも作れるかも!

↑ミルク風のアイスバーならナッツや市販のチョコクッキーをくっつけても楽しい♪

 

夏場は常温だとフルーツもすぐに完熟してあっという間に腐ってしまいますけど、完熟した状態を凍らせると甘みが増して感じられるので美味しいですよ。

親戚やご近所さんからのいただきもののスイカ・・どうしよう。という場合はザルなどで潰してタネを除いてアイスにしちゃうと食感が変わって楽しめます。

シャキシャキした粗めの食感を出したければ2〜3時間(←冷凍状況によって異なります)固まってきたところでスプーンでシャカシャカかき混ぜて再度冷やし固めると空気が混ざってシャーベットのようになります。

 

食生活を工夫しながらご自宅でも楽しい夏をお過ごしください♪

 

 

Leave a Reply

あそびながら算数脳と創造のセンスを鍛える!
遊び方を自分で考えてシェアできる、まったく新しいカードゲーム

SUM! とらんぷについて