英会話講師オススメ、読み聞かせで子どもに絶対ウケる絵本

先日、絵本の読み聞かせボランティアをしているママに英語の絵本を読みたいのだけれど、低学年におすすめの本を教えてもらえませんかと聞かれました。今は、ほとんどの小学校で、朝の授業が始まる前の15分間、月に一回程度読み聞かせを行っているようです。私も、幼稚園や低学年のクラスでは、レッスンの最後にStory timeとして英語の本の読み聞かせをしています。まず、小学校で読む時に気を付けなければいけないのが子どもたちのレベル。英会話スクールでは、レベルごとに読む本を変える事ができますが、学校はそうはいきません。幼稚園の頃からプリスクールのようなところへ通っていた子、現在英会話スクールに通っている子、ほとんど英語になんて触れたことのない子。そんなレベルの違う子どもたちみんなが楽しめる絵本を選ばなければなりません。そこで今日は、レベルの違う子でも、英語にあまり興味がない子でも、楽しめる絵本をいくつか紹介したいと思います。

 

英語が分からなくてもおもしろい!! 絶対ウケる絵本

A Cheese and Tomato Spider  by Nick Sharratt

うちの教室の子達は、小学校4年生でもまだお腹を抱えてケラケラ笑います。英語の意味は関係なく、絵を見て大笑いしてるんですけどね…。色々変えられる絵の組み合わせがおもしろいようで特に男の子は大好きです。

Where’s Spot?  by Eric Hill

やんちゃな子犬のスポット(和訳の絵本では「ころちゃん」という名前になってます)が、主人公のいわゆる仕掛け絵本です。クマやライオンなどの動物が、家の中のドアやカーペットの下に隠れています。子どもは、開けたりけたり閉めたりするのが大好きだし、動物も大好きです。かくれんぼをしている動物が何かを当てるのもみんな大好き!「ライオン!ライオン!」「モンキー!モンキー!」と大きな声で答えてくれます。こちらは誕生日バージョンなどのシリーズもあります。日本語を読んでから英語を読んでみてもいいかもしれませんね。

ABC I Like Me!  by Nancy Carlson

この本は、なぜか表紙を見せただけでウケます。ブタが子どもの心をくすぐるのでしょうか。アルファベット1文字につき1ページ、または、見開き1ページにその文字が使われた文章がでてくるのですが、短い英文でわかりやすく、イラストもカラフルで楽しいです。子どもと一緒に「A」「B」「C」と読んでくださいね。特に子どもにウケるのは最後のページ「Z」! I can Zoom on!! とみんなで同じポーズをしてジャンプしましょう。

No,David  by David Shannon

こちらも子ども達に人気の絵本です。

どろんこで家に入るし、お風呂では大あばれ、部屋は散らかしっぱなし、そんな時ママから出る言葉は「だめ!だめ!だめ!」の連続。でも最後にママから出た言葉は…。ユーモアがありながら、ほろりともくる愛情たっぷりの絵本です。

 

 

今回は、幼児から低学年に人気の英語の絵本を何冊か紹介しましたが、無料で朗読・読み聞かせをしてくれる絵本アプリもありますので、そちらもご紹介したいと思います。

 

 

名作の読み聞かせが出来て英語力までアップする読み上げ絵本

 

かぐや姫や金太郎など日本の名作を読み上げてくれるアプリです。

よみあげ絵本 iPhone版Android版

日本の名作絵本を音声で読み上げてくれます。音声は、日本語だけでなく英語にも対応。ネイティブスピーカーの音声で大人も一緒になって英語力をアップさせることができます。もともとダウンロードされている絵本はかぐや姫だけですが、さらに無料で20冊以上ダウンロードできます。無料で絵本が読めるのはいいですよね。お財布にもやさしくて経済的。ママにとってこれも魅力だと思います。

 

 


 
 

Leave a Reply

「これやった?」「あれ終わった?」がなくなる!
現役ママたちのアイデアを ギュッと厳選

Checkie! マグネットの詳細