あんふぁに代表Mac(マック)船水さんインタビュー

英会話講師から独学でデザイナーに!
人気アプリSUM!誕生のストーリーも

はじめまして!
ブログライターのhiroです。

あんふぁににブロガーとして参加したのは

アプリSUM!をつくっている楽しそうな会社だから!

あんふぁにでお世話になるようになって1ヶ月。

SUM!誕生のストーリーを聞くことができました。

皆さん、あんふぁにの人気アプリSUM! をご存知ですか?

次々にでてくる1から9の数字を
足したり割ったりしながら10にして

楽しく遊びながら算数の概念が身につくアプリなのですが、

このアプリを作ったMac船水さんって、どんな方だと思いますか?

ハーフじゃなかった!

筆者はつい最近まで
⚫︎Macというお名前と
⚫︎端正なお顔立ち
⚫︎そしてとっても英語がお上手なことから、
てっきりMacさんはハーフの方だと思っていました。

そして筆者より年下だと勝手に信じていました。

しかし!
生粋の日本人でしかも筆者より年上だったのです。

筆者の年齢は非公開(汗)ですが、とにかくMacさんは、実年齢よりかなりお若く見える!

そして、Macという名のナゾは

デザイナーになる前に英会話教室の講師をされていたそうで、

その時、本名の誠(まこと)からついたニックネームのMacを今も名乗っているとのこと。

ご自身も作品も、とってもクールに見えるMacさんですが、

実際にお話してみると、楽しいこと大好き!コミュニケーション大好き!な温か〜い方です。

それではインタビューの内容を紹介させていただきます!

 

英語で生きていく!

〜なんと、前職は英会話教室の先生だったのですね〜

「はい。学生時代は英語を専攻していたので、英語を生かせる職業につきたかったんです。

それで最初に就職したのが商社だったのですが、なんだかしっくりこない。

自分がやりたいことは、本当にこれなのだろうかと疑問に思ってしまって、すぐに辞めました(笑)。

それからは色々な職業、職種を転々としました。

それで最終的に落ち着いたのが英会話教室の講師だったんです。

人とコミュニケーションをとるのが好きなので、自分にはピッタリの職業でしたね」

〜そこから、どういう経緯でデザイナーになったのですか〜

「もともとデザインすることが好きだったので、

英会話教室では講師のほかに教室のポスターやチラシ制作もしていました。

やがてホームページ作りも頼まれるように。

でもプログラミングは初めてだったので、独学で一から学びました。

そうやって苦労して作ったホームページが好評だった時は嬉しかったですね。

ホームページはチラシやポスターと違い、ネットを通じてその場にいない人にも見てもらえますよね。

自分が表現したいことが世界中の人に伝わることが嬉しくて。

デザインを通して、色々な人達とコミュニケーションをとりたいと思うようになりました。

それでデザイナーになる!と決めたんです」

 

全く売れないフリーのデザイナー時代

〜なるほど。ではデザイナーになるために、どうされたのですか〜

「本を買ってきて独学しました。

そして自分の武器である英語を生かして、海外でデザイナーとして働こうと思いました。

オーストラリアには2回面接に行きましたね。でも全然ダメでした。

かといって、日本でフリーのデザイナーですと言っても実績がないので仕事がもらえない…

そんな日々が続きました。

でもある時、日本のデザイン事務所の面接で、

自分のデザインに対する思いやコミュニケーションの大切さを一生懸命に話したら、

思いが通じたようで採用されたんです。

そこでデザイナーとして色々と経験をさせてもらい、やがて大きな仕事も任せてもらえるようになりました。

その後、大手銀行でのデザイナーを経て独立しました」

 

ブログの人気がきっかけで独立

〜デザイナーとして経験を積んだ後、独立されたわけですね。でも独立となると、なかなか勇気がいることだったのでは。きっかけは何だったのですか〜

「ブログですね。

日々、自分のアイデアを英語でブログにして紹介していたんです。(Macさんのブログ

すると、ヨーロッパの会社から取材や講演会の依頼がきたり、

医療機器を作ってほしいと言われたり。

日本と違って、海外では面白いことをやっているなと興味を持ってもらえれば、

経験や実績に関わらず評価してもらえるんですよね。

そうして色々な仕事をさせてもらい、

デザイナーとして自分でも自信が持てるようになり、独立しました。

その後は、自分がいいと思うものや、

世の中にあったらいいけど、まだできていないものをどんどん提案していきました」

SUM!誕生は、つらい体験があったから

〜独立されて間もなく、アプリSUM!が誕生しましたね。
先日SUM!が子供向け有料アプリで1位になりましたが(おめでとうございます!)、SUM!誕生のストーリーを教えてください〜

「楽しいことが好きで子供も好きなので、遊びながら勉強できるアプリを作りたかったんです。

足す、割るなどの計算を、記号を使わないでできたら楽しく学習できるだろうなと思って。

アイデアはずっとあったのですが、なかなか実現するまでに至らない。

そんな時、自分にとってすごくショックな出来事が起こったんです。

毎日気持ちが落ち込んで、とても仕事になるような状態じゃない…

こんな気持ちのままじゃ楽しいものなんて作れない。

このままじゃダメだ!と無理やり前向きな気持ちを起こしました。

そして、こんな時だからこそ、そうだ!あのアイデアを実現させようと、

毎日夢中になってSUM!の制作のために奮闘しました。

でも、最初はうまくいかなかったですね。

初代SUM!は、面白さが欠けていたようで、

子供達に試してもらうと、

いつまでこの作業続くの〜?と、ゲームなのに〝作業〟と表現されてしまって…

その後、改良を繰り返し、やっと今のSUM!が完成しました。

SUM!のおかげで、いつの間にかショックだったことも忘れていましたね。

自分にとってはとても辛い出来事だったけれど、

それがなかったら、SUM!は誕生していなかったかもしれません」

SUM! アプリの開発裏話はこちら

世界中の人達を幸せに

独学でデザインの勉強をしたり、
英語でブログを書いたり…

ご自分のやりたいことに正直に向き合い

また世界に目を向け

つらい経験をも糧に変えてしまうパワーもお持ちなところが流石です。

お話の最後に

「デザイナーとして世界中の人達を幸せに出来るような仕事がしたい」

とおっしゃっていたことが印象的で、

Macさんは本当に人が好き、

デザイナーというお仕事が好きなんだろうなと感じました。

★SUM!はママの脳トレにも⁉︎

余談ですが、筆者がSUM!に初挑戦した時は

脳が衰えているせいか(?)

なかなか上手くできず、すぐにゲームオーバーに。

でも何回かやるうちにコツを掴んで、随分得点アップできるようになりました。

算数の概念をつけたい子供にピッタリなアプリだと思いますが、

ママの脳トレにも良さそうですよ!


Mac Funamizu(船水 誠)
デジタル全般及びプロダクトデザイナー、クリエイティブディレクター。デザイン思考での事業構想・サービス設計
受賞歴
キッズデザイン賞 2017、デジタルえほんアワード2017、red dot design award 2016 – コミュニケーションデザイン賞、Muse Creative Awards プラチナ賞 2016、グッドデザイン賞 2015、red dot design award “ベストオブベスト賞” 2013 – コンセプトデザイン、red dot design award 2009 – コンセプトデザイン
出版
National Geographic Channel、Travel Channel、Discovery News Technology、GIZMODOなど多数

> Macについて
> Macのポートフォリオ

Leave a Reply

あそびながら算数脳と創造のセンスを鍛える!
遊び方を自分で考えてシェアできる、まったく新しいカードゲーム

SUM! とらんぷについて