チェキマグ誕生の裏話

こんにちは!

4人の子育てをしながら、家族みんなが気持ちよく過ごせる家を目指しているデザイナーのkanaです。

今回は、上野の森親子ブックフェスタでも大人気だったチェキマグこと『Checkie!マグネット』の話をさせてください。
チェキマグは、丸くてツヤツヤ、思わず手に取りたくなるかわいいアイテムマグネット。 シンプルなイラストで、子どもも一目で認識できます! しかも、ホワイトボード用のマーカーで書けるので、アイディアしだいでその家庭の目的に合った使い方ができます。
これは、Checkie!というアプリの中の持ち物アイテムを、家の中で使えるようにリアルアイテム化したものです。

なぜ、アプリの中のアイテムが、かわいいマグネットになったのか? それは…。

日頃、私はよく物忘れをします。
それぞれの病院の予定や、提出書類の締め切り、図工で使う空き箱の準備…。
そのたんびに、「ごめんね〜。」と子供たちに謝ります。本当申し訳ない…。

子供も忘れます。
鍵忘れて家に入れなかった、上履き忘れてスリッパだった。絵の具持っていく日だった。
などなど、がっかりして帰ってきます。
「〇〇持って行ってねって言ったじゃない。」と、きつめに言ってしまうこともよくあります。お互い、ストレスですね。

普段、家の中は騒がしく、朝なんかは、4人にご飯を食べさせて、自分の支度や、双子の保育園準備をしながら、「〜用意した?」「〜持った?」と、質問ぜめになります(笑)
もっと、他の話をして、気持ちよく送り出したいですね!

そのくり返しから、言うっていうのは有効ではないんだなと思い、自分で意識して用意できるようサポートする方法はないかなと思っていました。手間をかけずに、簡単に!

それで、Macさん(あんふぁにデザイナー&代表)とどうしたら子供の忘れ物がなくなるかと話していたら、
持ち物チェックのアプリ『Checkie!』の話題になりました。
持ち物をキャラクターにペタペタ貼って、設定するとアラームを鳴らして教えてくれます。
しかし、アプリの場合は子供にスマホを貸して、立ち上げないと使えません。
各自の設定をその都度作るのも手間がかかります。(うちは4人分、私もいれると5人なので特に。)

基本的には自分で準備、確認して欲しいので、みんながいつでも自由に使えるものがいいです。

『Checkie!』の機能が家の中で自由に使えたらどうだろう!

無料ダウンロードPDFにあったアイテムをプリントしてカレンダーに貼ったり、シールにして子供が台紙にペタペタ貼ったりとかすれば、楽しみながら自分の持ち物を意識して用意できるかな?
私がよく見るところは冷蔵庫だから、マグネットシートはどうかなとかいろいろ考えてました。
ちょうど同じ時期に、SUM!のキャラクターのバッチがあったら可愛いから作りましょう!などと話していたら、Macさんが、〝缶バッチの裏をマグネットにしてボードや冷蔵庫に貼れるようにすればチェッキーのアイテムが使えると思う〟と!

(マグネットで試してみたところ)

なるほど、マグネットだったら、家族みんなが自由に使えて、思いついたらすぐ家の中に貼っておける!みんながいつでも見て確認できる、これは色々使えるだろうと。

幼稚園ママに意見を聞きいたり、使い方をシュミレーションしてデザインを微調整したりして 、手作りサンプルも作ったり…。

そうして、持ち物アイテムがアプリから飛び出し、チェキマグが誕生しました!

シールのような消耗品じゃないので使い回しもきくし、マグネットシートみたいにペラっとしてないから、貼りやすく存在感もあります。

できてみると、本当に可愛いんです。
丸くて、ツヤツヤしてて、わかりやすくて、メモできて…。

何かと忙しいママと、子どもが使いたくなるお助けアイテムとして、チェキマグが役立ってくれることと思います!

まだサンプル段階なので、これから改良をしてより良いものをみなさんにお届けできたらと思っています!

長くなりましたが、読んでいただきありがとうございます!

イベントで、手にとって頂いた方はどう使ってますか?

可愛いだけじゃなくとっても役に立つので、次回は、我が家での使い方を紹介したいと思います!

チェキマグ・チャンネルできました!

チェキマグはこちらから!

 

Leave a Reply

チェキマグの日常生活用を作っていただけませんかという声を多数いただき、制作した「Checkie! マグネット(チェキマグ)ー日常生活版」を、限定先行予約しています!

もっと詳しく