『じぶんのことはじぶんで』 家族みんなが気持ちよく過ごすために

桜も早々に散ってしまい、あっというまに新学期が始まりましたね。

みなさん忙しくしているのではないでしょうか?

こんにちは!これからブログを書かせていただきますNanaと申します。

我が家は、夫と4人の子供たち(下の二人は双子ちゃん)の6人暮らしです。下の双子が生まれてからというもの、これまでの家事のやり方や、子供との関わり方ではうまく回らず、このままでいけないと思い考えるようになりました。

「ママ〜、〇〇どこ?」「明日どうするの?」など、なんでもママに聞く、もしくはこっちが言うまで何もしない(出かける準備や、寝る支度)などなど…。4人から聞かれて一緒に探したり、一人一人に指示したり、用意をしてあげていたらお手上げです。

双子ちゃんもオムツも取れてだいぶ楽になったとはいえ、まだ、3歳。我が家は朝、夕、晩とそれは賑やか?です。

小さい工夫から、家族が(私が)気持ちよく過ごせるように生活を変えていきたいと思い、手探りで取り組んでいきたいと思います。

この春からは、小学生が2人と年少クラスに進級した保育園児が2人になりました。

進級準備に入学準備、各々の予定や、用意するもの、持ち物の確認などバタバタの毎日が続いています。はっきりいってしまうと、母親一人で子供4人分の予定や持ち物は把握しきれず、保育園や小学校の提出物が遅れることや予定していなかった、予定が当日発覚することもしばしば…。

朝は気持ちよく学校に行って欲しい、

忘れ物をして困ったり、忘れ物をすることに慣れて欲しくない、

自分も朝バタバタしたくない、

と思い、今年は『じぶんのことはじぶんで』をテーマに子供や家事に関わっていきたいと思いました。

 

 

まずは、上の子が、4年生とだいぶしっかりしてきたので、小学生組から自分や家族の予定を把握して、明日や今日やることを言われなくても意識してもらおうと、春休み中にカレンダーの予定書きを子供としてみました。

二週間ほどの予定を、学校や、習い事の手紙を見ながら、入学までに必要なものはいつ買いに行こうか?などなど、話し合いながら子供に書いてもらいました。

けっこう楽しんでキレイに書いてくれて、見やすくするために人別に色を決めてマークをつけたりと工夫して書いてくれました。

次男は、「俺は漢字書けないから~。」と言って、横からちょっかい?ではなく色鉛筆を持って丸を塗っていたりしました。

もう少し、次回は次男にも参加してもらう工夫か必要かな~。

カレンダーの効果はあるのか、しばらく観察して見たいと思います。

 

みなさんのお家は、どうですか?

カレンダーの使い方とか、学校の用意をスムーズにできる工夫などあったら教えて欲しいです。

とにかく、私がやるんじゃなくて、子供に自分でやって欲しい(切実な願い)の一心で取り組んでいきたいと思います。

ママ聞かなくても自分でできる→子供も自信もつくし、褒められるようになる→ハッピー→ママもハッピー

このサイクルをどうにか確立していきたいと思います。

何かいい方法などあったら、ぜひぜひ教えてください♪

よろしくお願いします!

 

Leave a Reply

「これ持った?」「あれやった?」をなくしましょう!
現役ママたちのアイデアを ギュッと厳選

Checkie! マグネットの詳細