LINEで送る
reddit にシェア

夢中で、これからの価値を創れる子どもへ

子どもたちの「夢中才能」を育てます

天才を育てる「夢中才能」

「夢中」は、なによりもすばらしい才能です。エジソンは、子どもの頃から「発明」に夢中でした。イチロー選手は、子どもの頃から「野球」に夢中です。ファーブルは、子どもの頃から「虫」に夢中でした。福原愛ちゃんは、子どもの頃から「卓球」に夢中でした。子どもはだれでも、生まれながらにしてすばらしい才能「夢中才能」をもっています。神さまからもらった天賦の才「天才」です。それを引き出し、育てるのが、「あんふぁにの、夢中育成」です。「夢中」になれば、どんなにつらい「努力」も楽しくなります。福原愛ちゃんが、泣きながらラケットを振っていたのを想い出します。宇宙のように限りなく大きな子どもの才能「天才」を、大人たちが「枠」にはめ込んでしまっているとしたら、それはとても残念なことです。

どうなる? 人工知能の時代

様々なことが機械化され、効率的になり、ムダがなくなる世界になります。特に、人工知能によってほとんどの単純な作業は人間がやらなくてもよくなります。生きることが楽になり、時間ができるようになります。何もしなくても、ロボットのように受け身の人生であれば問題なく過ごせるようになるかもしれません。生きるために必死にならなくてもよくなる時代です。幸せや喜び、平和を追求する企業や、それらを提供するサービスが増えてくると言われています。

どんな教育を与えればいいの?

人工知能によって、今の子供が大人になる頃には70%~90%の現存する職業は無くなってしまうだろうと言われています。子供はSTEM教育(Science:科学、Technology:テクノロジー、Engineering:工学、Math:数学)を受ければいいと言われています。子供がこれからの時代を生き残るためにはロボットとして生きるのではなく、それらを動かす知識と経験が必要である、というわけです。確かにその通りです。

あんふぁにで身につくこと

あんふぁには、機械をどう操るかではなく、こういう時代に価値になるものを創造できる力をつける場所です。それは、人が幸せや喜びを感じるものを考え、創り出していく能力です。価値になるということは、問題を解決したり、物事を便利にしたりすることで人が必要になるということですが、あんふぁにではお子様が更に、それを楽しく解決できるようにする-使うことで喜びや幸せを与える-ようになっていきます。

どのように価値を創れるようになるか

4つの方法で価値想像を実践していきます。​

何よりもまず、クリエイティブに

創造的になるために必要な3つのこと「真似る」「制限する」「結びつける」を実践できます。詳しくは次のパートをご覧ください。

「つくりかた」を創る

単純に材料を組み合わせてものを創るだけでなく、遊びながら自由に「遊び方」を考え、創り出します。ルールを創ることで、ものの「流れ」を意識できるようになり、人にものを与えるだけでなく、どのように使ってもらえるかを肌で感じられます。

楽しく解決するープロセスを楽しむ

作ったものを他の人に共有します。みんなが楽しめるコンテンツは価値が高いのです。どうやったら人に喜んでもらえるかを実際に体験し、喜ばれる(つまり価値のある)ものを創るコツを身につけます。

社会・世界の問題に触れ、考える

プリントなどで出題する「お題」の中には、実際に地域が抱える問題などを、ゲーム風のキャラクターなどに置き換えてたものも出していくことがあります。ユーザーはそういった問題に実際に向き合い、解決していくことになります。遊ぶことに使う脳を、現実の問題を解くことに使うのです。

クリエイティブになる 3つの手段

真似る

どんな事柄も真似から始めます。アップルのiPodもiPhoneも、市場に出た最初の商品ではありません。何かを考えるとき、アイデアをいかに盗み、自分のものにするかがとても大切です。

制限する

「何を作ってもいい」という条件では、人間はアイデアが出にくいと言われています。あんふぁにでは、子供が作り上げるコンテンツに対し、常に一定の「条件」を出します。

結びつける

知識はそれ自体では(少なくとも学校のテスト以外では)意味をなしません。Googleはたくさんの「答え」を与えてくれますが、それをどれだけユニークに結びつけ、人を惹きつけるストーリーを創るかは、その人次第です。

これからの価値

結果的にあんふぁには「現実に存在する問題について考え、人が楽しめるようなソリューションを夢中で創造していくプラットフォーム」になります。そこで生まれる能力は、これからの時代の「新しい価値」を創り出す力そのものです。あなたなら、きっとできます。子供の可能性は、無限大だから。

子どもは「夢中」で天才になる。

Mac Funamizu

株式会社あんふぁに 代表取締役
Macについて

あんふぁにのプロダクト 5つのルール

代表Macについて

プロフィール、ポートフォリオ紹介

Macについて

子育て・デザイン講演会

幼稚園、保育園、子育て・育児関係者、教員などを対象に、正解のない時代を生き抜いていく力をつけるための、面白くてためになる講演会を行なっております。

子育て・デザイン講演会

会社概要

あんふぁにの企業サイト

会社概要

お問い合わせ

アプリ制作、子育て/デザイン講演会、受託デザイン、商品開発、ブランディング

Children Eager to Create Value in the Future

We grow kids' eagerness to create things

Age of Artificial Intelligence

Soon enough, things will be controlled by machines, leading everything to being efficient where there’s no ‘play’. Especially, artificial intelligence will make the majority of simple jobs easier, so human beings won’t need to do them at all. It will be easier to live and you will have more time. Even without doing anything, you may be able to spend your life without problems if it is a passive life like robot’s. It is an era when you do not need to be desperate to live. It is said that enterprises pursuing happiness, joy, peace and services offering them will increase.

What education should parents give to children?

By artificial intelligence it is said that 70 to 90% of existing occupations will disappear by the time our current children become adults. It is said to be good for children to get STEM education (Science, Technology, Engineering and Mathematics). In order for a child to survive the future, knowledge and experience to control the machines are necessary. Otherwise they will have a life as a robot. That is quite right.

What Enfani can give

Enfani is not a place to learn how to control a machine, but it is a place to nurture abilities to create something of value in the future. In other words, it is the ability to think and create what people feel as happiness and joy. To be valued means that people need it because it solves problems or makes things convenient. Enfani is where kids can actually enjoy experiencing solving real issues, but it goes one step further: kids will find ways to reach solutions that give pleasure and happiness also by ‘using them’.

How Enfani gets kids to attain these abilities

There are four ways for kids to nurture abilities to create new values

First of all, they have to be creative

You can practice “imitation", “limitation" and “connection” to become much more creative. In Enfani, "materials" and "themes" are issued and you work to assemble the material under certain conditions, which of course you can enjoy doing. For example, there are picture books without the second half. Children make the second half of the picture book using the character given, or think of the new rule for a tag game using the unique dog characters.

Create the way people create

Enfani not only gives you a chance to create things by simply combining materials but also a chance to enjoy thinking and creating "how to play" freely. By creating rules, we can become conscious of the 'flow' of things, to not only give things to people, but also to understand how they can be used.

Fun solving

Share the created content with others. Whether other users ‘like' it or not depends on how pleasing the person feels. In other words, the content that everyone can enjoy is of high value. You actually experience how to make people happy.

Get used to creating value for the world from childhood

Among "subjects" given by Enfani, we will also issue ones that actually reflects real existing problems or issues. Those are shown as game characters and the like. Users will actually face these problems and resolve them. As a result, Enfani is "a platform where you can think about existing problems and create solutions that people can enjoy." And that in itself is the "new value" of the future.

How To Be Creative

Imitation

You start making something by imitating others. Neither Apple iPod nor iPhone is the first product on the market. When thinking about something, it is very important to steal ideas and make them your own.

Limitation

It is difficult for us to make ideas under no condition. If “anything can be made”, then it is likely that nothing is born. In Enfani, we always issue certain “conditions” for the content that children make up.

Connection

Knowledge does not make sense on its own, at least except for at school tests. Google gives us lots of “answers”, which we appreciate as the immediate knowledge. When it is uniquely tied to another answer, you can create a ‘story line’ that makes things work. To attract people you have to make stories, or shapes out of those lines.

Contact Us

App Development, Design Lectures, Design Work, Product Development, Branding

LINEで送る
reddit にシェア