[:ja]「小学生+起業」21世紀型学童保育が挑戦する、子どもが世界を動かす可能性[:en]”Elementary school student + entrepreneur” 21st century childcare challenges the possibility that kids can also make the world[:]

[:ja]Hello, everyone! あんふぁにのMacです。今日は私が企画・プロデュースした学童保育施設のお話です。

全く新しい学童保育施設

みらいがっこう「ダビンチボックス」は、未来をつくる力を育てる価値創造型エデュテインメント学童保育施設として、弊社株式会社あんふぁにと合同会社ZIG-ZAGで立ち上げた21世紀型学童保育施設です。平成30年7月の小学校の夏季休校期間より預かりサービスを開始しています。

「よくできました」でなく「子どもってすごい」の世界を創る

私は、「誰でも世の中を良くすることができる世界をつくる」という夢があります。人の役に立つこと、価値のあることは誰のアイデアであっても尊重され、それを叶えるために支援・支持したい人が簡単にサポートできる世界です。私は特に、子どものアイデアに注目しています。まだ固定観念がない子どもの瞬間的・独創的・天才的なアイデアや閃きは、人工知能には絶対に真似できない人間独自の能力の結晶ではないでしょうか。

子どものアイデアはすごいのに。。

しかし時として子どもだからという理由だけで大人に受け入れてもらえないなど埋もれてしまうことが多く、もしかすると人類に革新をもたらす種を捨ててしまっていることになりかねません。実はそうした柔軟な発想は大人の頭も刺激し、創造力を高めていくきっかけにもなります。実際、10代で起業している人なんて、世界にはたくさんいます。子どもがもっと価値創造力を持てば、世の中が変わる気がする。
そのために、私はあんふぁにというこの会社で、子どもを中心にどんな年代の人も人のために役立てる仕組みを作り、人類全体の「知」が活性化させていこうとしています。

みらい学校ダビンチボックスは、そんなことを考えていた私が2017年に知人の紹介を通して知り合った春川拓也さん橋本直之さん(ちょうどお二人で独立して教育施設を立ち上げる構想を持っていた)と意気投合したのがきっかけで、コンセプトやカリキュラム、ブランディングなどを含めて立ち上げに携わりました。

 

世界初!? 学童がクラウドファンディング+クラウドソーシングでアイデアを形に

ダビンチボックスは「夢中で、みらいをつくれる子どもへ」というコンセプトのもと、次の3つの教育方針で全てのプログラム、カリキュラムがつくられています。

『やってみたくてたまらない』 主体的に学ぶ姿勢を身につける
『どうやったら~?』『なんで~?』 問いを見つける力を養う
『やってみよう』とにかく試す機会と場所をたくさん提供する

施設内で行う全ての行動が工夫され、この教育方針に則って行われるようになっていますが、その中でもこのダビンチボックスのコンセプトを象徴するメインクラスが、「起業家育成クラス(コペル・ニプレ)」と「遊び創造プログラム(フェルマージュ)」です。コペル・ニプレは中・高学年(4〜6年生)、フェルマージュは低学年を対象にしています。低学年向けのフェルマージュは、高学年向けクラスを同じコンセプトで簡単にした内容のクラスを行います。ここでは高学年向けクラスについて紹介いたします。

 

コペル・ニプレ(起業家育成プログラム)

このクラスでは、

  1. 起業に興味を持ち、社会の課題を解決するアイデアを出す
  2. アイデアに共感してもらうプレゼン能力の養成
  3. モノを創り出す喜び・楽しさを実感する
  4. フィードバックを得て、改善するプロセスを身につける

といった目標があります。「起業」というのは自分のアイデアを叶えるための手段であって、それ自体が目的になってはダメです。そのため、目的1の「起業に興味を持つ」というのは「自分のアイデアを実現する喜びを知る」ということとほぼ同義です。この喜びを学童に伝えるため、このクラスでは冒頭にある短い動画を毎回観ることになっています。それは、今のスタートアップシーンをリードする起業家やプログラマーたちが子どもに向けたメッセージやアドバイスです。

超面白い! 起業家インタビュー動画

幸い、私はたくさんのスタートアップと一緒に仕事をした経験があり、そのCEOやCTOにお願いして撮影させていただき、子どもが楽しく観れるように編集したビデオがたくさんあります。このビデオがめちゃくちゃ面白いです!!(ちなみに撮影はまだ続いていて、「笑っていいとも」のように必ず次の起業家さんを紹介していただいています。)少しだけそのメンツを紹介させていただくと、エルピクセル株式会社代表、島原佑基さん(Forbes 30 Under 30 Asia 2017など)や株式会社GO代表、三浦崇宏さん(日本PR大賞・CampaignASIA Young Achiever of the Year・ADfest・フジサンケイグループ広告大賞など)など、豪華メンバーが揃っています。起業家になったきっかけや子どもの頃のエピソード、子どもに向けたメッセージを楽しく観られるように話してもらっていて、誰が観ても面白くためになる内容になっています。学童にはこれを毎回観ることで、自分のつくりたい世界を叶えるモチベーションをキープしてもらいます(というか、これを観ただけで本当にモチベーションが毎回上がります)!


起業家インタビュー動画の様子(エルピクセルの島原さん)

 

小学生がつくる! 自分の会社

「どういう世界にしたい?」から始まり、それを叶えるソリューション(課題解決策)を考えます。自分の特技を活かし、叶えたい世界観に繋げていくところまでを言葉でまとめます。そこまでできると、会社としてのコンセプトができるので、このクラスでは学童一人一人が会社の社長として動くことができるよう、まず自分の会社を仮につくることが最初のミッションです。会社の名前を考えて、名刺を作ります。

 

アイデア発表は毎回撮影

起業家たちに刺激され、人の課題を解決する仕組みを、自分だったらどのように作っていくのか、ということを考え、発表していきます。アイデアは毎回撮影し、サイトで公表。プレゼン能力は当然鍛えられます。大人の方も、どんどん上達していくプレゼンを観て、刺激を受けてください!

 

クラウドファンディング+クラウドソーシング!?

アイデアによっては、他のメンバーと共同でできそうなコンセプトであったり、または違ったコンセプトでもいっしょにすることで意外なものが生まれることがあります。そのときは、アイデアを合体して(複数企業が協力して)1つの新しいコンセプトを作ります。このようにしてブラッシュアップしたアイデアはネットで発表し、事業計画を立てそれを叶えるための支援を募り(クラウドファンディング)、同時にそれをいっしょに手伝ってくれるスキルのある人のヘルプも募ります(クラウドソーシング)。クラウドソーシングでは、大人からの応募が来る場合、子どもが大人を選ぶという、非常に面白いプロセスが生まれます。

クラウドファンディングで集まった支援の一部はクラウドソーシングで仕事を依頼した方々に支払います。その依頼者は何度かレッスンに出てもらい(オンラインも可)、学童もいっしょにものづくりを体験します。

完成したらプレスリリース発表してリリース・発売し、クラウドファンディングのお礼とリターンを準備。マーケティングも体験していきます。これを全て子どもが体験できるのは、おそらくこのダビンチボックスだけだと思います。

PDCAを回す小学生

商品やサービスを作って終わり、ではありません。商品やサービスを実際にユーザーに使ってもらったら、当然いろんな意見が出てきます。それは褒め言葉だけではないはずです。使いにくい、わかりにくい・・そんな声をポジティブに捉え、改善を重ねてバージョンアップ、さらに声を聞きながら改修していく。小学生のうちから、こうしたPDCAを回す体質を身につけていきます。

そんな経験をたくさん繰り返した子どもが卒業して大人になったとき、何を成し遂げる人間になるか、今考えるだけでもワクワクが止まりませんね。

 

進捗は全てネットで

コペル・ニプレで出る学童たちのアイデアやプレゼンなどはネットで公開していきます。みなさんぜひご覧いただき、時には子どもたちのヘルプをしてあげてください! このワクワクを、みなさんにも感じていただくことができたら嬉しいです。

出張クラス・ハッカソンも行います!

起業家育成プログラムや、それをもっと小さいお子さん向けにした遊び創造プログラム、また、幼稚園、小学校、中学校、高校、主婦やシニア、一般社会人向け、企業内研修用に、出張プログラムを行うことも可能です。コースは1日単位のハッカソン式から、長期まで受付いたします。

起業家育成出張クラスご予約

ダビンチボックスの説明会ご予約

 

ダビンチボックス ウェブサイト


さぁ、何が生まれるか、すごい楽しみですね!! Mac

 [:en]Hello, everyone! This is Mac from Enfani. Today I’m going to talk about the school childcare facility that I planned and produced.

A completely new schoolchild childcare facility

Mirai Gakko “DaVinci-Box” is a 21st century school childcare facility launched by ZIG-ZAG together with my company as a value creation type edutainment school childcare facility that nurtures the kids’ ability to create the future. The service started from the summer holiday period of elementary school in July 2018.

It should not be “Well done, kids” but “Kids are amazing!”

I have a dream of “creating a world that anyone can improve the world.” What is useful and valuable to people is respected no matter whose idea it is, and it is a world where people who want to help achieve it can easily support. I especially focus on children’s ideas. Kids’ instantaneous, ingenious, genius idea or flash of a child have so much potential. Isn’t it a crystal of human’s original ability which can not absolutely be imitated by artificial intelligence?

Though kids are​​ amazing..

But sometimes just because it is a child, ideas get buried and ignored. Maybe it may have been abandoning species that brings innovation to mankind. Actually, such a flexible thinking also stimulates the head of adults, and it also becomes a trigger to increase creativity. Indeed, there are many people in the world who have started entrepreneurs in their teens.
For that reason, I am trying to revitalize “knowledge” of all human beings, by making a mechanism that makes people of any age useful for other people.

Mirai Gakko DaVinci-Box was made after I met Takuya Harukawa and Naoyuki Hashimoto, just when they had a plan to independently establish an educational facility just by themselves. I became involved in launching including concepts, curriculum, branding, and so on.

 

The world’s first? School children shape ideas with cloud funding + crowdsourcing

The Da Vinci Box has all the programs and curriculums created under the following three educational policies based on the concept of “make kids crazy about creating the future”.

1.Acquire a self-learning attitude
2.Develop the attitude to find a question
3.Use plenty of chances available in DaVinci-Box to try your question

All the kids’ actions carried out within the facility are supposed to be carried out according to this educational policy. The main class symbolizing this DaVinci-Box concept is “Entrepreneurship Development Program (EDP)” and “Play Creation Program (PCP)”. EDP is for fourth to sixth grade students, while PCP is targeting for lower graders.

 

EDP (Entrepreneurship Development Program)

In this class, the goals are

  1. Children get interested in entrepreneurship, give ideas to solve social problems
  2. Training presentation skills to get people sympathize with their ideas
  3. Realize the joy and pleasure of creating things
  4. Gain feedback and learn process to improve what they made

“Entrepreneur” is a means to make your idea come true and it is useless if it is itself a goal. For that reason, Goal #1 is almost equal to “know the pleasure to realize ideas”. To convey this pleasure to schoolchildren, this class is supposed to watch short movies at the beginning in each class. It is a message and advice for children by entrepreneurs and programmers leading the current startup scene in Japan.

 

Super fun! Entrepreneur interview movies

Fortunately, I have worked with a lot of startups, I have asked the CEO and CTO to shoot videos and there are a lot of clips edited for kids to enjoy. These videos are insanely funny and useful!! (By the way the shooting is still continuing and they are supposed to introduce a next entrepreneurs.) To introduce you a few, Yuki Shimahara from LPixel (Forbes 30 Under 30 Asia 2017), Takahiro Miura from GO (Japan PR Awards · Campaign ASIA Young Achiever of the Year · ADfest · Fuji Sankei group advertisement grand prize), and a lot more CEOs are involved. I asked them to talk about how they became entrepreneurs, childhood episodes and messages for children. By watching this every time, kids keep motivation to make themselves keen to make their ideas realize.


Mr.Shimahara from LPixel

 

Company that elementary school students make!

They start with “What kind of the world do you want to make?” Then they think about a solution that will make it possible. That made, they can now create a company. In this class the first mission is to create a company, so that each child can act as president of the company. They then think of the name of the company and make a business card.

 

Shoot video every time

They will think about how to create a mechanism to solve people’s problems by being inspired by entrepreneurs and make presentations. We shoot kids talking about the ideas every time and make it public on the website. Presentation abilities are naturally trained. Adults, please watch the presentation progressing steadily and get inspired!

 

Cloud Funding + crowdsourcing? What?

Depending on the idea, there may be unexpected things that can be created in conjunction with other members, or with even different concepts together to make surprising results. In that case, we will combine ideas to create one new concept. The idea that they brush up in this way is announced on the net, calling for financial support to make the business plan actually work (crowd funding) and at the same time, they also ask for help for someone with skills that will help with it together (crowdsourcing). When an application from an adult arrives, kids will interview adults.

Part of the fund gathered in the crowd funding will be paid to those who have requested work in crowdsourcing. The client will have several lessons to attend so that the kids will experience the making of things together.

When it is completed, they release an announcement, prepare crowd funding’s thanks and return. They will also experience marketing. I think that it is probably the only place in the world where kids at a school nursing facility can experience this all.

Elementary school student and PDCA (Plan, Do, Check and Action)

It is not over yet. If you actually let users use the product or service, various opinions come out naturally. That should not be just praise. Positively recognize such voices, improve and upgrade the products. From elementary school age, they will acquire the attitude to make PDCA work.

When those children repeatedly experiences such experiences, graduate and became adults, I just get excited just by thinking about what they will accomplish.

 

Progress is all on the net

We will publish the ideas and presentations of kids in this program on the net. Please take a look and sometimes help children. I would be happy if everyone could feel this excitement.

出張クラス・ハッカソンも行います!

起業家育成プログラムや、それをもっと小さいお子さん向けにした遊び創造プログラム、また、幼稚園、小学校、中学校、高校、主婦やシニア、一般社会人向け、企業内研修用に、出張プログラムを行うことも可能です。コースは1日単位のハッカソン式から、長期まで受付いたします。

About DaVinci-Box

 

 

[:]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


大人気! 足し算の神経衰弱

めくって足し算をする算数あそびをかんたんにできるカードゲーム。
数字に慣れておきたいお子さんだけでなく、
算数嫌いのお子さんにもぴったり。家族でも盛り上がります!

メモリー10をショップで見る