[:ja]あんふぁに代表Mac(マック)船水さんインタビュー[:en]Enfani CEO Mac Funamizu Interview[:]

[:ja]

英会話講師から独学でデザイナーに!
人気アプリSUM!誕生のストーリーも

はじめまして!
ブログライターのhiroです。

あんふぁににブロガーとして参加したのは

アプリSUM!をつくっている楽しそうな会社だから!

あんふぁにでお世話になるようになって1ヶ月。

SUM!誕生のストーリーを聞くことができました。

皆さん、あんふぁにの人気アプリSUM! をご存知ですか?

次々にでてくる1から9の数字を
足したり割ったりしながら10にして

楽しく遊びながら算数の概念が身につくアプリなのですが、

このアプリを作ったMac船水さんって、どんな方だと思いますか?

ハーフじゃなかった!

筆者はつい最近まで
⚫︎Macというお名前と
⚫︎端正なお顔立ち
⚫︎そしてとっても英語がお上手なことから、
てっきりMacさんはハーフの方だと思っていました。

そして筆者より年下だと勝手に信じていました。

しかし!
生粋の日本人でしかも筆者より年上だったのです。

筆者の年齢は非公開(汗)ですが、とにかくMacさんは、実年齢よりかなりお若く見える!

そして、Macという名のナゾは

デザイナーになる前に英会話教室の講師をされていたそうで、

その時、本名の誠(まこと)からついたニックネームのMacを今も名乗っているとのこと。

ご自身も作品も、とってもクールに見えるMacさんですが、

実際にお話してみると、楽しいこと大好き!コミュニケーション大好き!な温か〜い方です。

それではインタビューの内容を紹介させていただきます!

 

英語で生きていく!

〜なんと、前職は英会話教室の先生だったのですね〜

「はい。学生時代は英語を専攻していたので、英語を生かせる職業につきたかったんです。

それで最初に就職したのが商社だったのですが、なんだかしっくりこない。

自分がやりたいことは、本当にこれなのだろうかと疑問に思ってしまって、すぐに辞めました(笑)。

それからは色々な職業、職種を転々としました。

それで最終的に落ち着いたのが英会話教室の講師だったんです。

人とコミュニケーションをとるのが好きなので、自分にはピッタリの職業でしたね」

〜そこから、どういう経緯でデザイナーになったのですか〜

「もともとデザインすることが好きだったので、

英会話教室では講師のほかに教室のポスターやチラシ制作もしていました。

やがてホームページ作りも頼まれるように。

でもプログラミングは初めてだったので、独学で一から学びました。

そうやって苦労して作ったホームページが好評だった時は嬉しかったですね。

ホームページはチラシやポスターと違い、ネットを通じてその場にいない人にも見てもらえますよね。

自分が表現したいことが世界中の人に伝わることが嬉しくて。

デザインを通して、色々な人達とコミュニケーションをとりたいと思うようになりました。

それでデザイナーになる!と決めたんです」

 

全く売れないフリーのデザイナー時代

〜なるほど。ではデザイナーになるために、どうされたのですか〜

「本を買ってきて独学しました。

そして自分の武器である英語を生かして、海外でデザイナーとして働こうと思いました。

オーストラリアには2回面接に行きましたね。でも全然ダメでした。

かといって、日本でフリーのデザイナーですと言っても実績がないので仕事がもらえない…

そんな日々が続きました。

でもある時、日本のデザイン事務所の面接で、

自分のデザインに対する思いやコミュニケーションの大切さを一生懸命に話したら、

思いが通じたようで採用されたんです。

そこでデザイナーとして色々と経験をさせてもらい、やがて大きな仕事も任せてもらえるようになりました。

その後、大手銀行でのデザイナーを経て独立しました」

 

ブログの人気がきっかけで独立

〜デザイナーとして経験を積んだ後、独立されたわけですね。でも独立となると、なかなか勇気がいることだったのでは。きっかけは何だったのですか〜

「ブログですね。

日々、自分のアイデアを英語でブログにして紹介していたんです。(Macさんのブログ

すると、ヨーロッパの会社から取材や講演会の依頼がきたり、

医療機器を作ってほしいと言われたり。

日本と違って、海外では面白いことをやっているなと興味を持ってもらえれば、

経験や実績に関わらず評価してもらえるんですよね。

そうして色々な仕事をさせてもらい、

デザイナーとして自分でも自信が持てるようになり、独立しました。

その後は、自分がいいと思うものや、

世の中にあったらいいけど、まだできていないものをどんどん提案していきました」

SUM!誕生は、つらい体験があったから

〜独立されて間もなく、アプリSUM!が誕生しましたね。
先日SUM!が子供向け有料アプリで1位になりましたが(おめでとうございます!)、SUM!誕生のストーリーを教えてください〜

「楽しいことが好きで子供も好きなので、遊びながら勉強できるアプリを作りたかったんです。

足す、割るなどの計算を、記号を使わないでできたら楽しく学習できるだろうなと思って。

アイデアはずっとあったのですが、なかなか実現するまでに至らない。

そんな時、自分にとってすごくショックな出来事が起こったんです。

毎日気持ちが落ち込んで、とても仕事になるような状態じゃない…

こんな気持ちのままじゃ楽しいものなんて作れない。

このままじゃダメだ!と無理やり前向きな気持ちを起こしました。

そして、こんな時だからこそ、そうだ!あのアイデアを実現させようと、

毎日夢中になってSUM!の制作のために奮闘しました。

でも、最初はうまくいかなかったですね。

初代SUM!は、面白さが欠けていたようで、

子供達に試してもらうと、

いつまでこの作業続くの〜?と、ゲームなのに〝作業〟と表現されてしまって…

その後、改良を繰り返し、やっと今のSUM!が完成しました。

SUM!のおかげで、いつの間にかショックだったことも忘れていましたね。

自分にとってはとても辛い出来事だったけれど、

それがなかったら、SUM!は誕生していなかったかもしれません」

SUM! アプリの開発裏話はこちら

世界中の人達を幸せに

独学でデザインの勉強をしたり、
英語でブログを書いたり…

ご自分のやりたいことに正直に向き合い

また世界に目を向け

つらい経験をも糧に変えてしまうパワーもお持ちなところが流石です。

お話の最後に

「デザイナーとして世界中の人達を幸せに出来るような仕事がしたい」

とおっしゃっていたことが印象的で、

Macさんは本当に人が好き、

デザイナーというお仕事が好きなんだろうなと感じました。

★SUM!はママの脳トレにも⁉︎

余談ですが、筆者がSUM!に初挑戦した時は

脳が衰えているせいか(?)

なかなか上手くできず、すぐにゲームオーバーに。

でも何回かやるうちにコツを掴んで、随分得点アップできるようになりました。

算数の概念をつけたい子供にピッタリなアプリだと思いますが、

ママの脳トレにも良さそうですよ!


Mac Funamizu(船水 誠)
デジタル全般及びプロダクトデザイナー、クリエイティブディレクター。デザイン思考での事業構想・サービス設計
受賞歴
キッズデザイン賞 2017、デジタルえほんアワード2017、red dot design award 2016 – コミュニケーションデザイン賞、Muse Creative Awards プラチナ賞 2016、グッドデザイン賞 2015、red dot design award “ベストオブベスト賞” 2013 – コンセプトデザイン、red dot design award 2009 – コンセプトデザイン
出版
National Geographic Channel、Travel Channel、Discovery News Technology、GIZMODOなど多数

> Macについて
> Macのポートフォリオ

[:en]

Experience of English Teacher Before Designer!?
Secret Story of the Popular App SUM!

Nice to meet you!
I’m an Enfani blog writer hiro.

I participated as a blogger to Enfani about a month ago because I thought it’s a fun company that makes apps like SUM!

Now I was able to hear the story of birth of the app SUM!.
It’s a math game, adding or dividing numbers from 1 to 9 coming down one after another.

It is an app where you can learn the concept of mathematics while playing happily,

What do you think is Mac Funamizu that made this application like?

He’s not half!

Until recently I thought that Mac was half Japanese and half somewhere.

Also I believed he was younger than me.

However!
He was a genuine Japanese and he’s older than me.

My age is not disclosed, but anyway Mac seems to be considerably younger than the actual age!

And the name Mac comes from

his having been a teacher of English before becoming a designer with a nickname Mac. His real name is Makoto.

Mac himself as well as his designs, seem to be very cool,

but when I actually talk with him, it turns out he is a very warm person, who loves fun stuff and communicating others.

OK then let me introduce the interview with Mac!

 

I will live with English!

~ So your former position was a teacher of English, right? ~

“Yes, I studied English in my school days, so I wanted to get a job that could make use of English.

It was the trading company that I got a job first, but I didn’t get along well.

I wondered if I really wanted to do that and then I immediately quit the job (laugh).

After that, I changed jobs a number of times.

Then it was the teacher of the English conversation class that finally settled down with.

I like to communicate with people, so it was a perfect occupation for me. ”

From there, how did you become a designer?

“Since I had originally liked designing,

In the English school, in addition to teaching, I also made posters and fliers for the school.

Then they asked me to make a website.

But since I didn’t know about programming (all I knew was BASIC), I learned it from scratch by reading books.

I felt really happy when the website I made with such a hard time got popular.

Unlike leaflets and posters, websites can be seen by people who are not even there through the net.

I am pleased that what I want to express is seen by people all over the world.

Through the design, I started wanting to communicate with a lot more people.

Then I decided to become a designer!”

 

A free designer era that can not sell at all

~ I see. So how did you become a designer? ~

“I bought books and taught myself again. First I wanted to take advantage of my experience as an English teacher and thought about working overseas as a designer.

I got interviews twice in Australia, it didn’t work at all.

Furthermore, if I say to people in Japan I’m a free designer, there is nobody who gives me a job…

I spent days like that for some time.

Then at an interview of a small Japanese design office,

I talked about my thoughts and passion about design and the importance of communication, I got hired!

Then I got various experiences as a designer, soon I got promoted and got big projects.

After that, I was head-hunted as in-house designer at a major bank and became independent.”

 

Blogging gave him chance to be independent

~ After being experienced as a designer, you went out on your own. However, was it easy to have courage? What made you do so? ~

“It was a blog.

Almost every week I was introducing my ideas in my blog in English. (Here’s Mac’s blog.)

Then, I got an offer to make their new product of an European company, make speeches about design and so on.

Unlike in Japan, if people abroad are interested in what you’re doing even in a blog, you get chances to work.

You can be evaluated as such regardless of your experiences or achievements.

Then they let me do various kinds of work,

as a designer I gained confidence and I became independent.

After that, I proposed ideas that you’ve never seen before one after another.

SUM! was born through a hard experience

~ Soon after you got independent, the app SUM! was born.
The other day SUM! became the best selling paid apps for children (Congratulations!)! Please tell me about how it was born.~

“I like fun stuff and children, so I wanted to make an app that you can learn while playing.

Thought that if you do not use symbols while learning computation such as addition and division, kids will be really happy (and their parents, too).

I’d had an idea of it for long actually, but it is difficult to make an app for a designer.

One day a very shocking event happened to me.

I was really depressed for days, so I wasn’t feeling like working.

With such feelings I couldn’t make fun stuff.

Then I forced to bring back a positive feeling thinking it was such a good time to realize the idea of the app.

Then after that I got crazy about making the app and struggled for the development of SUM!

But at first it did not work.

The first generation of SUM! seemed to be lacking in fun at all,

When I asked kids to try the app, they said

“How long should I keep working like this to complete?” Though it is a game, it was expressed as “work” …

After that, I kept improving it, and finally the present SUM! was made.

Thanks to SUM! I also forgot that I’d been sad before.

It was a very difficult event for me, but if I hadn’t been through it, SUM! might not have been born.”

Make people around the world happy

Studying design by yourself,
Blogging in English …

Honestly facing what you want to do

looking to the world.

Mac also has the power to turn hard experiences into great outcomes.

At the end of the interview he said

“I want to make things that make people around the world happy as a designer.”

What he was saying was impressive.

Mac really likes people,

and I felt that he loves the job of a designer.

 

★ SUM! is also goof for mama’s brain training

By the way, when I first challenged SUM!

Maybe my brain is weakening(?)

I couldn’t do it quite well, and soon the game was over.

But as I got through several times I got a knack of it and got better points.

I think that it is perfect for children wishing to gain mathematical concepts,

But it seems to be good for Mama’s brain training, too!


Mac Funamizu
Multi-award winning designer of products, concepts and all digital things. Leading Enfani, a design team creating designs to go straight to your heart.
Awards
red dot communication award 2017 winner – App Design
Kids Design Award 2017
Muse Creative Awards Platinum Award 2016 – App Design
Good Design Award グッドデザイン賞 2015 – Product Design
red dot design award “Best of the best” 2013 winner – Concept Design
red dot design award 2009 winner – Concept Design
Publications
National Geographic Channel、Travel Channel、Discovery News Technology、GIZMODO and many other

> About Mac
> Mac’s Portfolio

[:]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


大人気! 足し算の神経衰弱

めくって足し算をする算数あそびをかんたんにできるカードゲーム。
数字に慣れておきたいお子さんだけでなく、
算数嫌いのお子さんにもぴったり。家族でも盛り上がります!

メモリー10をショップで見る